タグ:いのり ( 5 ) タグの人気記事


つぶやき

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by kobane99gi | 2017-03-08 11:35 | つぶやき

こう思う・自閉


自閉症の原因 に関して
新しい説が出ている様子。

私は専門家で はなく
何の知識もないが
自分では おおよそ
こんなふうに思っている。


自閉症は先天性のもので
完治するもので はない。
ただ、様々な工夫や対処により
症状を緩めたり、伸びづらい部分を成長させたり、
生活の質を高めていくことはできる。
その点で希望 は持てると思う。
(慣れれば結構楽しい部分もあるし)


 好き勝手に、仮説。

ある自閉症児は
胎児の時から他とは違う行動が見られた。
だから、もし (遺伝的な素質に加えて)
環境からの原因も大きいのだとしたら、
特に胎児の時の環境が大きいのでは、と思う。

胎児は周囲の人の声や外の音を聞 いているというし、
それに反応するとも聞いたことがある。
もしかしたら、胎児は血流の流れとか、
運ばれる栄養やホルモンのバランスなどから
母親の感情や環境の変化のようなものまで受け取ったりなどして、
感情の元になるようなものを既に培っているのかもしれない。


こんな事を書くと
母親のプレッシャーになってしまうかもしれないけれど、
妊娠中の健康は、心身共に大切だ。
ただ、
それは決して妊婦ひとりが担うことではなくて
周囲の人達も協力し
良い環境を作り 保っていくことが必要なのだと思う。

一人に押 し付けない、一人を責めない、
新しい命を支える さりげない助 け合い 。
(ほんの少しだけで より健康な人が増えていく、社会的貢献度 大 のお得な心遣い!)
機会があった方は、ぜひともご協力を!


  誰もが祝福されて生まれ、
  温かな思いやりの中で伸び伸びと育っていってほしい。
  そのためにも
  子どもを産む、という環境は
  誰 にとっても幸せであってほしい。

   それが、ある障害の原因ではなかったとしても。
[PR]

by kobane99gi | 2015-03-02 13:53 | 自家製手ごね論 | Comments(0)

保つ


心の目を 見開いていよう
心の足で しっかりと立っていよう
仕掛けられた憎しみに
連れ去られることなく

 (せめて 私達だけでも…!)


  うちひしがれて
 何も見えなくなった時、
 活字の向こうに
 冷静でいることを
 思い出させてくれた人がいた。

 私も そんな人になりたい。
[PR]

by kobane99gi | 2015-02-01 11:23 | つぶやき | Comments(0)

胸を張っていいよ。


誰が何を言ったとしても、
自分が不正をしていないなら
気に病まなくていいんだよ。
胸を張っていいよ。

誰も信じてくれない時も
神様は見ているよ。
あなたが悪くないって
知ってるよ。
支えてくれるよ。

あなたを、失わないで。
あなたの好きな自分を
思い出して。
心の中で のびのびと
あなたでいて。

凝り固まった心でも
解きほぐす糸口は あるよ。
あなたの真心は
きっと
知ってるよ。


初めはね
作り笑いでいいよ。
作り笑いは 時間を食べて
本物の笑いに
成長するんだ。

足りない所は 伸びしろだし
間違いがあったら 改められる。
改めようとする こと や 思い が
もう あなたの宝物だよ。

美しいものや 楽しいものに触れたり
ひととき かなしみに酔うのもいい。
囚われた心を開放して
あなたの世界を駆け巡ってほしいな。


あなたは あなたしかいない。
だから、 立ち上がれるよ。
もう一度、やり直しもできるよ。
胸を張って、いいよ。
[PR]

by kobane99gi | 2014-12-28 07:36 | つぶやき | Comments(2)

気付く、思う


時々、他の方のブログを覗いてみる。
迷っている時、ものさびしい時、単に気が向いた時・・・
そこには色々な言葉や景色が並んでいる。
表情がある。
生きる、ということを続けて来た人達の軌跡が、
それぞれの光や香を放っている。


先日は大きな気付きを頂いた。

『いつも自分の期待したような反応が返ってくると思わないこと』

そうか、と思った。
私は人の反応に対して 頭の中で
いちいち文句ばかり並べていた気がする。

しかし、本来誰でも 物事に対する表現は自由だ。
他人である私の 期待通りのはずがない。
そして 私の表現も自由なのだ。
人の反応に左右される必要もない。

自分の幼稚さが見えた気がした。
そして、ひとつの縛りから解かれた気がした。
だいぶ、楽になった。

 ありがとうございます。


これまでも多分身近な人から
似たような事を言われたり
目にして来たりしたのだと思う。
それでも私は 「気付く」 ことが無かった。

そんな私が 見ず知らずの人から
気付きをもらうことができたというのは、
やはり私がどこかしらで
この世界とつながっているからなのかもしれない。

      *

転がる続けるこの世界。
この先、どんな道を作っていくのだろう。


初めの意図がどういうものであったにせよ、
この地球上は
幾多のネットワークですっぽりと包まれている。
既にこの世界は一つで、
もはや世界中のどこにいても、
誰も この “世界” と関わりなくいることはできない。

一人ひとりの小さな心がけが
そう苦しくない社会を作るもとになる。
だから、 今は誰もが 
節度といたわりをもって
「自分の行動が何かしらの形で世界に影響を及ぼしている」  ことを
 自覚するべきなのだと思う。

 昔、誰かがお土産に持って来た
 ネット入りのスイカでも
 思い浮かべながら。

 私の経験で は、
 スイカの周りには
 笑いがあった。

e0248169_9495739.jpg
[PR]

by kobane99gi | 2014-11-29 09:56 | つぶやき | Comments(0)
line

世間の対岸。


by こばね
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30