歩く。


商店街を少し外れて歩いて行くと、
公園があった。
e0248169_20465412.jpg



















オリーブの銀緑色。
e0248169_20473098.jpg




















こんな施設もあるのだと驚いた。
ペットを飼っている方が多いのかな。(犬猫トイレ)
e0248169_20474067.jpg




















花壇のボランティアさんのような人達が
ベンチ周りで立ち話をしていた。
花壇には、蘭の花? 何株も。
確か、育てるのも咲かせるのも難しいんだよね??

公園の端々に町のやさしさが見える気がした。


 どんどん、歩く。


歩道のタイル。
雨の後なので薄く泥で汚れている。
e0248169_20475479.jpg




















新旧のつぎはぎ。結構向こうまで続いている。
e0248169_20480380.jpg




















細い路地を抜けると、また別の商店街に出た。

こちらの道は、
用途別の色分け模様分け。
e0248169_20481344.jpg



















歩いていて、何か、ものすごく良い雰囲気の家に出くわした。
うまく撮れなかったけれど。
その家の表に立つと、何と立札が立っていた。
なんでも、伝馬屋敷(てんまやしき)と呼ばれる造りの建物らしい。
e0248169_20482361.jpg



















旧跡だったのか。。。


  なおも歩く、ずんずん歩く。

沈丁花が咲いていた。
 (こんな時期だったかな?)
e0248169_20491150.jpg




















赤い花びらが一枚落ちている階段を、上る。
ここも、道。
e0248169_20494568.jpg




















この辺りから、薄日が差してきた。

こちらは、水の道。 ^ ^
e0248169_20500815.jpg




















風で絡んだ(?)ビニールが、
どことなく鳥の形に見える。
e0248169_20495607.jpg




















タンポポを見つけた。
e0248169_20501894.jpg





















夕暮れ。
何となく、サバンナを連想した。色のせいかな?
e0248169_20505057.jpg




















夕日に雲に・・・
空がきれいだった。
e0248169_20515393.jpg





















明日は、晴れるかな。





[PR]

# by kobane99gi | 2017-02-23 21:53 | 歩く | Comments(0)

いい顔



過日。ふらりと訪ねてみた。

動かないと評判の、彼(?)。
e0248169_08233160.jpg



















ハシビロコウ。
アフリカの、ビクトリア湖周辺の湿地や川に住む鳥で、
絶滅危惧種らしい。

見事な羽。視角に入りきらなかった。

e0248169_08234330.jpg



















いい顔。ベストショットかも。
e0248169_08240595.jpg



















この日はネットの際まで飛んで来て、
観客の前で様々な表情や動きを見せてくれた。
e0248169_08244795.jpg



















e0248169_08250821.jpg



















e0248169_08255087.jpg



















e0248169_08263619.jpg



















e0248169_08264262.jpg



















e0248169_08264603.jpg





















ずっと張り付いてカメラを構えていたら、
そのうち
『まだ撮り足りないの?』 という顔をして
 向こうへ飛んで行ってしまった。
e0248169_08265909.jpg



















 呆れられた??? ^^;


 間近でジロジロ見られて、
 やっぱり疲れたよね。
 サービスしてくれて、
 どうもありがとう。

 お疲れさま!
 まだまだ寒い日は続くけど、元気でいてね!
e0248169_08270301.jpg




















 またね☆ ^^






[PR]

# by kobane99gi | 2017-02-22 08:47 | お仲間訪ねて | Comments(0)

日ざし



とても暖かな日だった。
暮れかかりの頃、
建物の2階のドアを出た。

階段を下り、地階の床が見えて
はっとした。
一面 きらきらと金色の木漏れ日。

顔を上げると、
向かいのビルの隙間から
幾分傾きかけた太陽が
ずっと向こうの欅の大木越しに
光を投げかけている。

息をのむほどの美しさ。

心が洗われる、というのは
きっと、こういうことを言うのだろう。
何やら 自分が
生まれ変わったような気になった。
清々しかった。

 こんな光景が、自然の物事が
 日常の中で私をいたわってくれる。

 世界の優しさが 身にしみる。



                    *
[PR]

# by kobane99gi | 2017-02-18 00:06 | つぶやき | Comments(0)

イメージ



e0248169_12231152.jpg 


















橋を渡った。 船が来た。
e0248169_12233226.jpg



















 川が波立つ。跡を引く。

  広がる。
e0248169_12233894.jpg






















なぜか、
ものの色形や質感に 目を引かれる。

だからといって 何という事もない。
絵を描くのは上手ではないし、
デザインなどという専門的な事柄にも無縁だ。

それでも、今、気になって仕方がない。
生理的に欲していると言っても過言ではない。
或いは
擦り減ってしまった私の蓄積を
どこかで補おうとしているのかもしれない。

動物の、色や形、独自の模様。
植物の形状、香り。静かな存在感。
行く先々の目にするものを
半ば強迫的にカメラに収める。

e0248169_12242590.jpg



















・敷き詰められたキューブ(?)の質感。

e0248169_12245441.jpg



















・木の根元に敷き詰められた木製チップ。
 踏むと(いけないのかもしれないが)弾力があって
 大変気持ちがいい。

e0248169_12270068.jpg















・空中歩道のタイル。バリエーションが楽しい。

e0248169_12252609.jpg




















・ものを通して、様々に 影の美しさ。

e0248169_12260314.jpg



















・木漏れ日のゆらめき。


e0248169_12262938.jpg



















・水槽に当たった光が壁に反射する。常に揺り動く光。
 一瞬だけ捉えると、何やら文字のようにも見えて
 空想が広がる。



 生きることは、哀しい。
 それでも喜びは巷にあふれているのだろうし
 誰にとっても 何かしらの
 「心休まるものごと」 は存在している。
 
 ひと の仕事が 「それ」 を作り
 「それ」 を必要とする誰かのために
  差し出している。

 その仕事が 例え
 人の目に付くものでなかったとしても、
 とつとつと 淡々と
 張り詰めた糸を奏でるように
 仕事は続けられていく。

  各々の思いに導かれて。
 


  本物の意味の
  優しい人、優しい仕事*は、
  言葉にならない
  様々な経験や思いから
  それぞれ絞り出されているのだと、
   つくづく 思う。


 漠然と、思う。
 そういう仕事がしたい。


  できるもので、
   あるのなら。




* … 実質 重要な事、の意味で。






[PR]

# by kobane99gi | 2017-02-17 13:06 | 生活 | Comments(0)

日記  =夕暮れ=



富士山の見えるスポットを見つけた。

夕暮れは、きれいだ。
寒さも忘れて、つい見入ってしまう。

 日常の中の あれやこれやも
 凸凹している自分の中身も
 何もかもが夢のように感じられる。

 家に帰り着けば
 いやおうなしに現実と対面するのだ。
 今しばらくは
  夢ということにしておこう。
e0248169_23251451.jpg




















今日はなぜか、
足の運びが軽かった。

 調子の良い時ばかりではないけれど
 たまにこういう日があることを感謝して
 淡々と歩みを進めていきたい。


 小さな日々を、小さな時を
 ひと時ずつ。




[PR]

# by kobane99gi | 2017-02-15 23:52 | つぶやき | Comments(0)
line

世間の対岸。


by こばね
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31