重み



久しぶりに、町をぶらついた。

祐天寺。
この町の建物は、
何だかどっしりと
地面から揺るぎなく生えている感じがする。

良い意味での、重み。

この土地に生きてきた人達の
淡々とした、確かな生活の積み重ねが
醸し出す重み、なのかもしれない。
とにかく重心が地面近くにあり
安定した感覚が
この町、住宅の間の路地を歩く間
ずっと続いていた。

 素敵な町だ。

  実のところ
  ライブを聴きに来たのだが、
  早く着き過ぎて
  それじゃあ近くのスーパーでも回って
  暇つぶしを、と思ったら、
  ここは街なので 当然
  郊外型大型スーパーのような施設が
  住宅地に無くて
  必然的に歩き回ることになった。

 田舎者の私には、
  ちょっとしたカルチャーショック。。。(笑)

  個人経営の元気なお店が
  通り沿いにびっしり並んでいて、
  見ていても飽きない。
  それぞれの個性が輝いていて、
  いいなあと思う。

雰囲気まで伝えられるかどうかは
わからないけれど、
心の動くままに
シャッターをきった。
e0248169_10391617.jpg


















e0248169_10393441.jpg



















民家の紫陽花。

e0248169_10394712.jpg



















梔子が香っていた。
甘い香りに気が安らぐ。
向こうに、猫の姿。


e0248169_10400446.jpg



















e0248169_10400906.jpg



















建物と、光と影の織り成す雰囲気。
たいしたこともなさそうな光景だけれど、
心惹かれるものがある。

e0248169_10403042.jpg



















青い青い空の下、
町の暮らしの道は
ずっと向こうまで続いているのでありました。


e0248169_10551215.jpg
































おまけ。
商店の隙間の、極細路地。
佇まい。
心を搔き立てる空気に溢れています。^^♪







[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-18 11:02 | 歩く | Comments(0)

e0248169_05045825.jpg



昨日の夕空。
まあるい月。

今夜は、ストロベリームーンとか。
きれいな月が見られるといいな。

    ∞      ∞      ∞
````````*^-^*````````````*^-^*```````````*^-^*``````


童話にあるような、
月と話す、とか
はしごをかけて月まで行く、
なんていうのに
憧れる。

絶対に不可能なことだけど、
夢見て楽しめるって
いいなと思う。

私の夢の中では、月は
いつだっていい友達だ。
光り輝いているのに
そんなに眩しくもない。
静かに 優しく
時には喧嘩をしたり
諭してくれたり。
私は密かに
落ち着いた物腰の
その友人のようになりたいな、
などと思う。

 月は、理想の友達で、
 もしかしたら私自身への理想、
 でもあるのかもしれない。

 (それとも、初めから
 自身の理想の投影なのだろうか…?)


 私は、私。
 今の私は
 それ以上にも以下にもなれない。


     ♪


余談。
朝から、カセットテープで曲を流していた。
音が出なくなったと思ったら、
中でテープが絡んでいた。

 オーマイゴッド!!

早目に気付いて良かった。
注意深く外すと、意外にすんなりと取れた。
でも、案の定、音が・・・ ビヨ ビヨ~

巻き戻しと早送りで どうにか整えて、
目的の曲はとりあえず無事。
よかった~。

これも小さな下積みのうち。












 一ミリずつでも、ましになっていく。

 たとえ 何かしらに
 届かなかったとしても。



.


[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-09 07:11 | Comments(0)





昨日は良い天気で、
少しだけ 歩いた。

楽しいことがたくさんで、
満足な一日だった。

こんなのを見つけた。
e0248169_22451247.jpg

e0248169_22453394.jpg





































八重咲きのドクダミ?

 色々な花があるんだな。


  ・☆・☆・☆・


小鳥の声が爽やかに響いている公園で、
お昼を広げる。
 スーパー内のベーカリーのパン。
 ちょっと、ぜいたくしちゃった ♪

 ❝幻のクリームパン❞ は、
 懐かしい味がした。






[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-07 23:14 | 歩く | Comments(0)

『地上の星』



私にとって、心の震えるような感動を与えてくれる人。

そんな人を
私の『地上の星』 と呼びたい。


昨日、
三人目の『地上の星』を 見つけた。

やはりその方も、仕事において
目覚ましい活躍をされている。

直接の接客に携わる方。
お話も、人にものを教えるのも上手で、
勉強もたくさんしたということだった。
傍から見ていて、
ああ、この人は
本当に人が好きなのだなあと、感じる。
熱っぽく語りかけられて、
思わずこちらも乗ってしまう。

 人と話すのが、
 ものすごく楽しいと思った。

 これこそが
 私の求めていたことなのだと、
 つくづく感じた。
 (人と同じ思いをもって熱く語り合う・
 ほんの幾つかの会話だけだったけれど)

 心がふれ合う。
 少なくとも、その時私は
 その方と
 同じ方向を見ていた。
 同じ思いを共有した。
 そんな感覚だった。


 自分でその事に気付いた、少し後。
 いきなり体が温まって来る。
 体の芯から、爽快な温みが
 湧き上がって来る感覚。

  るんるん ♪♪


人として、尊敬する人。
私は基本的にどんな人にも
敬意をもって接することを目標にしているけれど、
(それが私の受けた教えだから)
それとはまた 別格の、『地上の星』の方々。

それぞれの「プロの仕事」から
学ぶ事は多い。

世間知らずな私だけれど
そんな素敵な方々や
周囲の方から
様々な事を学び
ぜひとも良い面で
成長していきたいと思う。

 *ありがとうございました!**



 何とか、自分を掘り出して
 保って行けるかな。
 これまでの積み重ね、
 実って来ているのかな。

  嬉しいな。


[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-04 06:07 | 生活 | Comments(0)

赤と白



道端で、
白花のアカツメクサを見つけた。

ふっくらと、
とてもきれいに咲いていた。

違う色の花が混ざっているのも
いいものだな、と思った。


空は清々しく晴れ渡っていて
小鳥の声がする。

さらりとした時間を、ひととき。


e0248169_18033954.jpg


.
[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-03 17:53 | つぶやき | Comments(0)
line

世間の対岸。


by こばね
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30