流線 (日記)



しばらく、自転車に乗っていなかった。

あれこれ行き詰まって、頭が疲れたので、
久々に自転車に乗ることにした。

本当は感情のままに突っ走って(笑)
動けなくなる所まで遠乗りするつもりだった。

 頭がくらくらするほど
 色々詰め込んで
 それでも
 何もどうにもならなくて
 嫌になって

 気が付いたら
 あんまり調子が良くない。

 そこそこは体を動かしていたつもりだったけれど
 やはり運動不足なのだろうと思った。
 体を動かした分
 頭もスッキリするかもしれない。
 多分、静と動のバランスが悪かったんだ。

何にも、考えない、と思った。
ただ、無心にペダルを漕ぐ事に集中する。
(勿論、周囲に配慮した走行は心がけた上で)
久しぶりの割には、そんなにキツくなかった。
意外だった。
そういえば、体調自体は、そんなに悪くはない。


走る。

走る、走る。

天気が良くて、空がきれいで、
蒸し暑さに髪がべとつくけれども
風があって、気持ちがいい。
もう、どうでもいい。
本当に、動けなくなるまで漕いでやる。
どのあたりまで行けるかな。
・・・


 しか~し!

性分とは誠にしょうもないもので、
ほんの少し走った所で、
目の前の景色に目を奪われてしまった。
足に負荷なんて、
殆どかかっていない。

 運動にならない。。。★★

まっ、いいか、で 結局
その場で足を止め
適宜その場に留まることになった。


自然の物は好きだが、
時折、人の造ったものの美しさに
とてつもなく惹かれることがある。

e0248169_10283895.jpg




















流れるライン。

人のため、
強度計算された上での、造形。

それが環境という普遍のベースに置かれることで
各々の価値を引き立てている。

e0248169_10290875.jpg




















空や川や、周囲の雑草までも、
そこを走る車の音やにおいとも融合して
独自の世界を創り上げている。

e0248169_10275987.jpg




















 な~んて言ったら、大袈裟だろうか。

とにかく、私は感激したのだ。


帰りは少し、ペダルが重かった。
何のことはない、少々上りの道だったのだ。
(つまり、行きは・・・笑)
それでも、多少気分は良かった。
翌日も。

定期的に、意識的に動かないといけないな、
と思った。 マタワスレナイトイイケド…ハハハ。


 練習はそれほど進みはしなかった。
 調子の良い悪いの波もあるので
 その辺りはあまり気にはしない。

 次の、少し高めの一段を上る前には
 長い停滞(に見える)期間がある。
 それを頭に置いておけば、大丈夫だ。



ぐらつきながら、揺れながら、
それでも少しずつ進む。


  いつか、自分になれるように。






[PR]

# by kobane99gi | 2017-07-13 09:28 | つぶやき | Comments(0)

変?



e0248169_10025114.jpg



世間の混沌の中で
再び惑っている。

したいこと するべきこと
全く見えていない訳でもない。

 迷いという、性分なのか。


迷いの足し(?)に
本を、読んでみる。

カフカ氏の、世間離れ感が半端ない。(笑)
自分の気質にも相通じる所があって、
楽しい。非常に笑える。
(親近感を主軸とした笑い☆)

彼の存在を受け入れ包み込んでいた人々や
非難しながらも存在を許していた世間。
そういう気質の人間についての研究が
恐らくまだあまり
一般には知られていなかっただろう時代、
何もかもは『そのもの』、そのままだった
のだろう。

それが或いは彼にとっての幸福
だったのかもしれないし、
また、不幸でもあったのかもしれない。

何につけ、彼が
存分に自分を語れ
仲間として笑い合える人達と共に過ごせた
ということは
(時に彼らを呆れさせ嫌悪感を抱かせ
もう二度と面倒見てやるものかなどの
怒りを噴出させていたのだとしても)
何よりのことだったと思う。


彼は困った人物ではあったのだろうけれど、
ある意味飽きさせない人物でもあったのだろう。
そして、うまく導けば
思いの外響く。
だから、親友ブロートも
彼を挑発し導くことに
半ば“病みつき”になっていたのかもしれない。

それはきっと、
彼らにとってのエキサイティングな幸福だったことだろう。

何しろ、よかった。

といいながら、
まだ、読みかけ。
半分ほども読めていない。
だから、読み進めるうちにまた
私の思いも変わるかもしれない。

とにかく、
面白いと思った。

少し、
救われた思いがした。

.
[PR]

# by kobane99gi | 2017-07-02 09:58 | つぶやき | Comments(0)

猫 祐天寺界隈 & ライブ報告



やまだや酒店さん でのライブは、
最高にノリノリで楽しかった!!

いつも思うのは、
師匠 大竹英二氏と
フライングキッズ 丸山史朗氏の
息がぴったりで、
ココ! という
正に『欲しい所』に
音符や拍が入って来るというところ。

聴いていて快適で、
安心して演奏に酔えるんです!!

 お二人とも技術がスゴいのですよ~
 ひたすら感心のため息でした。

 他の教室の生徒さんともお会いして
 お話もできたし、
 それぞれ一曲ずつ演奏の機会も頂けて、
 恥ずかしながらワタクシも吹かせて頂きました。ワハッ!
 まあ、結果はともかく・・・

楽しかった~~!!!

皆さんの温かいお言葉やアドバイス、
楽しいお話…
そして、素晴らしい演奏を、
  ありがとうございました!!!



    *


さて、祐天寺界隈。
うろついていたら、
素敵な雰囲気の路地がたくさん。
そして、多くの猫達にも出会えました。
e0248169_11364034.jpg



















e0248169_11371011.jpg



















e0248169_11382335.jpg



















お寛ぎですね。お邪魔しました。。。

e0248169_11385455.jpg



















目のきれいな子。

e0248169_11440958.jpg



















何か、探してる?

e0248169_11442452.jpg



















ちょっと、怒らせてしまったかな?
写真、嫌い??

    Λ Λ
   >(@@)<

人の暮らしの隣に、
猫たちの暮らしも息づいているのでありました。

^^





[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-18 11:59 | あしあと | Comments(0)

重み



久しぶりに、町をぶらついた。

祐天寺。
この町の建物は、
何だかどっしりと
地面から揺るぎなく生えている感じがする。

良い意味での、重み。

この土地に生きてきた人達の
淡々とした、確かな生活の積み重ねが
醸し出す重み、なのかもしれない。
とにかく重心が地面近くにあり
安定した感覚が
この町、住宅の間の路地を歩く間
ずっと続いていた。

 素敵な町だ。

  実のところ
  ライブを聴きに来たのだが、
  早く着き過ぎて
  それじゃあ近くのスーパーでも回って
  暇つぶしを、と思ったら、
  ここは街なので 当然
  郊外型大型スーパーのような施設が
  住宅地に無くて
  必然的に歩き回ることになった。

 田舎者の私には、
  ちょっとしたカルチャーショック。。。(笑)

  個人経営の元気なお店が
  通り沿いにびっしり並んでいて、
  見ていても飽きない。
  それぞれの個性が輝いていて、
  いいなあと思う。

雰囲気まで伝えられるかどうかは
わからないけれど、
心の動くままに
シャッターをきった。
e0248169_10391617.jpg


















e0248169_10393441.jpg



















民家の紫陽花。

e0248169_10394712.jpg



















梔子が香っていた。
甘い香りに気が安らぐ。
向こうに、猫の姿。


e0248169_10400446.jpg



















e0248169_10400906.jpg



















建物と、光と影の織り成す雰囲気。
たいしたこともなさそうな光景だけれど、
心惹かれるものがある。

e0248169_10403042.jpg



















青い青い空の下、
町の暮らしの道は
ずっと向こうまで続いているのでありました。


e0248169_10551215.jpg
































おまけ。
商店の隙間の、極細路地。
佇まい。
心を搔き立てる空気に溢れています。^^♪







[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-18 11:02 | 歩く | Comments(0)

e0248169_05045825.jpg



昨日の夕空。
まあるい月。

今夜は、ストロベリームーンとか。
きれいな月が見られるといいな。

    ∞      ∞      ∞
````````*^-^*````````````*^-^*```````````*^-^*``````


童話にあるような、
月と話す、とか
はしごをかけて月まで行く、
なんていうのに
憧れる。

絶対に不可能なことだけど、
夢見て楽しめるって
いいなと思う。

私の夢の中では、月は
いつだっていい友達だ。
光り輝いているのに
そんなに眩しくもない。
静かに 優しく
時には喧嘩をしたり
諭してくれたり。
私は密かに
落ち着いた物腰の
その友人のようになりたいな、
などと思う。

 月は、理想の友達で、
 もしかしたら私自身への理想、
 でもあるのかもしれない。

 (それとも、初めから
 自身の理想の投影なのだろうか…?)


 私は、私。
 今の私は
 それ以上にも以下にもなれない。


     ♪


余談。
朝から、カセットテープで曲を流していた。
音が出なくなったと思ったら、
中でテープが絡んでいた。

 オーマイゴッド!!

早目に気付いて良かった。
注意深く外すと、意外にすんなりと取れた。
でも、案の定、音が・・・ ビヨ ビヨ~

巻き戻しと早送りで どうにか整えて、
目的の曲はとりあえず無事。
よかった~。

これも小さな下積みのうち。












 一ミリずつでも、ましになっていく。

 たとえ 何かしらに
 届かなかったとしても。



.


[PR]

# by kobane99gi | 2017-06-09 07:11 | Comments(0)
line

世間の対岸。


by こばね
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31